ウェブサイトをもつ医療機関がまだまだ少なかった1999年から、ウェブサイトと紙媒体を融合した医療機関PR事業に、医療機関の皆様と取り組み、第1回静岡県ホームページグランプリでは「医療・教育部門最優秀賞」を受賞しています。
現在はウェブサイト、パンフレット、カード、テレビ番組、テレビCMなど様々なPRツールを提供させていただいています。
大学病院、学会・研究会・寄附講座、民間病院、クリニック、歯科医など様々な医療施設のお手伝いをさせていただいております。介護施設・サービスについても経験がありますのでお気軽にご相談ください。

医療PRの歴史と課題

医療広告については、医療法によって広告が規制されています(詳しくは厚生労働省のウェブサイトをご覧下さい)。テレビ、ラジオ、新聞といった従来の広告ツールを活用することが難しく、医療PR活動は院内パンフレット等の広報誌発行が中心でした。しかし「ウェブサイトについては広告と見なさない」ことが明文化されたことでウェブサイトを中心としたPR活動が盛んになりました。実は、広告可能な範囲が明確になったために、テレビCMの活用も可能になっています。
多くの業者が医療PRに参入していますが、バナー広告、看板、車内アナウンス等において明らかな医療法違反の広告が見受けられます。業者としても医療法をふまえ、コンプライアンスを遵守したサービスを提供しなくてはなりません。行政担当部署としっかりと連絡をとりながらコンテンツ作りをすすめます。

医療PRの目的と、成功のためのポイント

まずは、PRをしていくための目的を明確化することが大切です。当方にご要望いただくのは以下のような内容です。それぞれに施設に適したコンテンツの開発が必要となります。
1)集患 2)優秀な人材の確保 3)行政、機関等への報告義務 4)ブランディング・差別化
5)市民や関係者への情報伝達や書類の配布 6)従業員満足度の向上 7)内部への理念の徹底
医療PRを成功させるポイントは「伝えたい相手が望んでいることの明確化」「相手が理解できる視点と言葉で伝えていくこと」です。上記の5)だけにならないように気を付けたいものです。
ウェブサイトのデザインとしては、当方ではクリーンで見やすく弱視にも配慮した配色であることは当然として、人の温かみが感じられるものが効果を発揮することがわかっています。

ウェブサイトによるPR

主流となっているPRツールがウェブサイトです。当方では、お忙しい医療関係者の皆様のために「語りおろし」によるサイト制作サービスを行っています。理事長さま、事務長さま、現場責任者の方などにポイントをお話していただき、目的達成のために最適なコンテンツを制作させていただきます。ブログやWORDPRESSを活用したサイト制作も可能です。
また、2012年あたりから、スマートフォンによるアクセスが激増しています。当方のお客様の中にはスマホサイトの立ち上げ後に、アクセスが1.8倍になった事例もあります。医療とスマートフォンの相性が良いので制作することをおすすめしています。

紙媒体・動画・テレビCM・テレビ番組など

以下のような媒体も取り扱っております。ウェブサイトのデザイン・イメージをあわせた形での制作が可能です。

・院内パンフレット(企画・制作・印刷)
・広報誌(企画・制作・印刷)
・名刺/カード(デザイン・印刷)
・テレビCM(企画・コーディネート)
・テレビ番組(企画・コーディネート)

*印刷についてはご指定の業者様への発注も可能です


静岡朝日テレビ メディカルテレビ (企画・コーディネート)

Copyright(c) tetto.com All Rights Reserved.